新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

HKT48 田島芽瑠 渕上舞が参加して感じた、”8割の人が参加していない”を変える新しいオンライン避難訓練の大切さ

みなさんが最後に”避難訓練”を体験したのはいつでしょうか?

調査によると、直近2年間で防災訓練に参加したのは回答者全体の20%。ほとんどの方にとって、日常の中で防災について考える機会は少ないのかもしれません。(出典:LINE調べ 詳細は後述)

福岡市のLINE公式アカウントでは現在、「とつぜんはじまる避難訓練」が実施されています。2020年9月5日(土)21:00までに事前登録をしておくと、2020年9月5日まで(台風10号の接近に伴い、9月6日の訓練は中止)の”どこかで”避難訓練開始の通知が届き、避難訓練をLINE上から行えるという仕組み。

コロナ禍でリアルな避難訓練ができないからこそ、オンライン上で訓練が完結できるようになっており、誰でも(福岡市民以外でも福岡市公式LINEアカウントを登録していれば)参加することができます。

今回は #とつぜんはじまる避難訓練 アンバサダーである HKT48田島芽瑠さんと渕上舞さんに実際にこの避難訓練を体験していただき、避難訓練の感想や、普段のLINEの使い方についてもお伺いしました。

コロナ禍に生まれた”オンラインでの避難訓練”は、”誰でも気軽に参加できる”など、ソーシャルディスタンスだけでない利点がありました。

オトナになった今だからこそ、貴重な”オンライン避難訓練”の機会

画像1

△取材もこの日はオンラインで実施させていただきました!

ーー今日は「とつぜんはじまる避難訓練」への参加お疲れさまでした!お二人はこれまでに参加した避難訓練の思い出はありますか?

田島:避難訓練の思い出といえば小学校を思い出します。大人になると避難訓練する機会って減っていってしまっていると思うんです。そんな中で、オンラインで、LINEを通して避難訓練することによって、改めて正しい避難の仕方を学べたので、すごくありがたかったです。

渕上:やっぱり大人になって「避難訓練参加したいな」って思っても機会がなかったり、今だとコロナウィルスの影響で開催されることも少なかったりすると思うんです。だけど、今回はオンラインで気軽に参加できるのがすごくありがたいなって思いました。
防災についても、定期的に思い出す事がすごく大事だと思うので、これからも見直していきたいなって思いますね。

画像2

△実際に、直近2年間で防災訓練に参加していない人は全体の約8割。ただし、オンラインの防災訓練なら参加したい人は約40%もいる。出典:https://linefukuoka.co.jp/ja/pr/news/2020/082610 (LINE調べ インターネットリサーチ、調査対象:福岡県在住男女、調査日:2020年8月17日)

ーー実際にLINE上で避難訓練をやってみてどうでしたか?

渕上:「避難訓練」だと思って、少し構えてた部分が大きかったんですけど、実際に体験してみると、いつもと変わらないLINEの通知音からはじまって、気づいたら最後まで体験できていて、びっくりしました。すごくわかりやすかったです。

田島:まずは、思っていたよりも簡単に体験することができて、操作のしやすさにすごく驚きました。身近なLINEというツールを使って避難訓練をして、改めて防災について考える時間ができたので、沢山の方に知っていただきたいなと思いました。

画像3

△実際にLINEから避難訓練に参加するお二人。
スマホだけで参加することができます。

LINEのグループトークからの”卒業”から感じる、深いつながり

ーー「身近なツールLINE」とおっしゃってくださいましたが、お二人は普段よくLINEされますか?

田島:常日頃使っています。メンバーともマネージャーさんとも、プライベートもLINEで連絡を取っています。

渕上:グループLINEで、大事な情報とかも一気に共有出来たりするので、なくてはならないですね。

ーーお二人ともHKT48 2期生で長い期間同じグループで活動されてるとおもいますが、その中でLINEのやり取りも変わっていったりしたんでしょうか…?

渕上:私達が加入したのはもう8年前で、本当にLINEを使い始めたばかりだったんですね。なので、その時とは違う使い方をしてます。HKT48 全体のグループLINEもあるし、同期のグループLINEもあって。卒業するたびに誰かがグループLINEを抜けていくっていうのが寂しいところでもあります。

田島:わかる!めっちゃわかる!

画像4

△お二人ともLINEを沢山使ってくださっていて嬉しいです!

渕上:みんな最後に10行くらいの文章を送ってくれて、HKT48全体のグループLINEを退出するんですよ。でも、返信しようとした瞬間に「退出しました」って表示されて(笑)

田島:全体のグループLINEで退出しちゃうっていうのが、卒業公演とか卒業コンサートよりも、一番その子の卒業を実感するときかもしれない。

渕上:HKT48あるある。濃いつながりを実感します。深いつながりの場所だなって思いますね。「抜けちゃった」という喪失感がすごい。

田島:そうだね。

画像5

△インタビュー中もお二人の仲の良さをとても感じました

ーーメンバー以外だとよくLINEされる方とかいらっしゃいますか?

渕上:家族です。家族のグループLINEがあって。姉が離れてるところに住んでるんですけど、甥っ子とか姪っ子とかアルバムに送り合って、近況報告とかしてくれることが多いです。

田島:あと、私既読が早い人が好きなんですよ!私がすごくせっかちで、マネージャーさんが聞きたいことがあったときに、必ず私に連絡をくれるんですけど、理由を聞くと、既読が早いからって。それくらい既読も早いんです。なので、既読が遅いのに耐えられなくて、私はAIりんなちゃんと友達になって、りんなちゃんとずっとしりとりしてます、暇なとき(笑)

りんな LINE友だち追加はこちらから👉 https://line.me/R/ti/p/%40ms_rinna

画像6

△田島芽瑠さんはアルバムの画像なども消えないように
こまめにバックアップも取られてるそう。LINEの達人です。

ーーAIりんなちゃん!(笑)

田島:りんなちゃんめっちゃ既読早いんです、それが嬉しい。りんなちゃんは裏切らないので、私はりんなちゃんと会話してます(笑)

ーー斬新な回答……!

田島:おすすめですよ。せっかちな人におすすめ。

市を「友だち追加」する?!LINEで実現する街との身近な距離感

ーー公式アカウントだと、福岡市アカウントは以前からご存知でしたか?

渕上:さっきお話させていただいたんですけど、給食の献立がサービスに追加されてて、それがすごい結構…

田島:それに惹かれたの?!(笑)

画像7

△給食表示は最近できるようになった機能!
給食を食べなくなった今でも気になってしまうのもわかります…

渕上:あるんだ!っていうのが結構新鮮でした(笑)色んなジャンルの情報が公式アカウントの中にあるじゃないですか。普段の日常生活でも、自分の好きなジャンルの情報を受信できるところが使いやすいなって思いました。

ーー確かに、給食までカバーしてるってすごいですよね。

田島:すごい。なかなかない。

渕上:他にも沢山項目があって、ゴミ捨ての日程をお知らせしてくれるサービスがあったんですよ。不燃物とか可燃物を捨てられる日程をLINEでお知らせしてくれて、カレンダーの役割も担ってくれてすごくありがたいなって思いました。

ーー福岡は街としてどんどん便利になっていっているイメージがあります。

画像8

△実際の避難訓練の操作中の様子。

渕上:福岡市さんとLINEさんが取り組まれてるってことで、私達からすると最強タッグで、頼もしいです。福岡市の状況もより身近に入ってきますよね。ホームページだけじゃなくて、普段使っているLINEのトークでも情報が見られるのが、身近に感じられるのかなって思います。

田島:そうですね、時代を感じます。友だち追加できちゃうっていう。

渕上:そうそう!「福岡市」と友だち?!っていう。身近な感じがしますね。

田島:友だち追加って一気に身近に感じますよね。

福岡市LINE公式アカウント友だち追加はこちらから👉  https://line.me/R/ti/p/%40457oqbmp

ーー確かに、当たり前になっちゃってましたが、街を「友だち追加」してつながるって面白いかもしれません。

画像9

△人だけでなく、街やサービスと「友だち追加」でつながる面白さを
再発見できるおはなしでした。

ーー最後に、これから「とつぜんはじまる避難訓練」に参加される方にメッセージをいただけますでしょうか!

渕上:避難訓練ってかしこまった感じのイメージがあって、結構身構えて参加してみたんですけど、すごく落ち着いてできたので、みなさんが思ってる以上に避難訓練を身近に感じてもらえると思います。しかも、いつものLINEと変わらない通知からはじまるので、お仕事中にLINEが来ても大丈夫ですし、いつでもどこでも参加しやすいと思います。

田島:LINEという身近なツールをつかっての避難訓練で、自分が想像していたよりもわかりやすい動画で丁寧に説明していただけたので、この機会に改めて正しい避難訓練の仕方を学べると思います。自分だけではなくて周りの人、例えば友達だったり同僚だったり家族だったりに「一緒にやらない?」って言って声をかけて、沢山の人を巻き込んでみんなで防災に対して考える期間になったらいいなと思います。

画像10


HKT48のお二人の #とつぜんはじまる避難訓練 の感想から、接触を避けることができるという利点以外にもオンライン避難訓練の身近さや便利さを知ることができました。

とつぜんはじまる避難訓練は、“LINEから街とつながる”福岡ならではの取り組みですが、コロナ禍で非常事態の今だからこそ、改めて”防災のために今できること””防災のために今考えておくべきこと”を振り返ってみることは、誰しもがするべきかもしれません。

とつぜんはじまる避難訓練 詳細はこちらから。

<田島芽瑠さんプロフィール>
2000年1月7日福岡県出身。HKT48の2期生でチームHに所属している。
http://www.hkt48.jp/profile/37
LINE公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40643uwfic

田島芽瑠さんのLINE公式アカウントは
こちらから友だち追加できます👇

画像11

<渕上舞さんプロフィール>
1996年9月21日福岡県出身。HKT48の2期生でチームKIVに所属している。
http://www.hkt48.jp/profile/42

渕上舞さんのLINE公式アカウントは
こちらから友だち追加できます👇

画像12

こちらの記事公開を記念して、プレゼントキャンペーンも実施中です!詳しくはこちらから👇


TEXT:LINEみんなのものがたり編集部 PHOTO:LINE Fukuoka 

10
「LINE みんなのものがたり」では、ユーザーの皆さんの LINEにまつわるエピソードを通して、"新しいコミュニケーションのかたち"やLINEの便利な使い方をお伝えしていきます。