新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

オンライン読経って何…?会えなかった夏のオンライン帰省を振り返る。 #今日もLINEからつながる


2020年の夏は、大事な人に直接会いづらい日々がいまだに続いていました。

LINEでは、そのような状況を鑑みて、「オンライン帰省」など様々な新たなコミュニケーションをテーマにした特集を行っています。

そして実際に、Twitterなどでは、自ら工夫を凝らし、おうちでの夏休みをLINEを使って楽しんでくださった例を拝見しています。

今回の記事では、その中からいくつか、LINEを使ってオンライン帰省や離れた家族とのコミュニケーションを楽しんでくださった事例を紹介いたします!

オンライン読経からオンライン墓参りまで?!お盆の集まりをLINEで。

画像1

まずは、お盆恒例の読経をLINEを通じて実施されたyukiさん。

ーーオンライン読経ってすごく新しいですね!(笑)どんなことをやられたんですか?

yukiさん:お寺さんに読経してもらうところを、LINE通話で親戚とつないで参加しました。読経だけでなくありがたい説法(なぜお盆には果物や野菜をたくさん盛り合わせるのか等)を聞けて興味深かったです。

実際にこの後に、お墓にも行ってもらって映像を映しながら手を合わせるという「オンライン墓参り」も実施しました。(笑)

――LINEでのオンライン墓参り、どうでしたか?

yukiさん:今回は、東京から大阪の法事に参加しました。平日で仕事の時間だったのですが、調整して参加することもできました。場所や時間の制約がかなり減ったのが良かったですね。

――なるほど。他にもオンラインでつなぐ良かった点があれば教えて下さい。

Yukiさん:初盆だったので、ちゃんと開催したいという気持ちがありました。ですので、法事を開催できること自体がすごく良かったですね。

どうしても法事は高齢な参加者もいるので、コロナ禍で集まるのはかなり気を遣いますし、東京から帰省となると尚更です。そういったリスクと参加者の不安を回避出来るのはとてもいいと思いました。

オンライン越しに、普段会えない親戚の顔も見られるのもとても良いことでしたね。

――「オンライン墓参り」「オンライン読経」など新しい文化がたくさんあって面白かったです。素敵なエピソードをありがとうございます!

普段の変わらない会話を、LINEのオンライン帰省で。

画像2

福岡に家族がいるYoshiさんも、LINEでのオンライン帰省を試してくださったようでした。

――オンライン帰省をするきっかけはどのようなものでしたか?

Yoshiさん:「コロナで帰省できないね〜」みたいなLINEをしてて、家族がみんな福岡の家にいるならオンライン帰省しようかなって、自分から提案しました。

画像3

――どんなことをお話されましたか?

Yoshiさん:最近ハマってることとか、新しく始めたことを話したり、地元の福岡の最近の状況を聞いたり、結構他愛のないことですね(笑)本当に普段帰省したときと同じでした。

――LINEでのオンライン帰省をしてよかったことを教えて下さい。

Yoshiさん:今年の母の日に、CLOVA Deskをプレゼントしたので、それを使ったLINEでの通話が一番親にとってもわかりやすいだろうなーって思ってました。

他のビデオチャットツールもありますが、親に覚えてもらうハードルがとても高い気がしているので、普段から使っているLINEがストレスなく使えると思ってます。

――家族のコミュニケーションでLINEをたくさん使ってくださっている事例をありがとうございます。CLOVAでも是非、引き続きお話してみてくださいね!

おじいちゃんの還暦祝いも、息子の妊娠報告も。大事な瞬間を、LINEのオンライン帰省で。

家族との毎月のコミュニケーションをLINEで行っているというMarinaさん。こちらもたくさんの素敵なエピソードを聞かせていただきました。

ーー毎月LINEでビデオ通話するようになったのはどのようなきっかけでしたか?

Marinaさん:数年前の帰省の写真を共有する目的で、家族のグループLINEを妹が作ったところから定期的にやりとりが発生しています。

――なるほど。還暦祝いのエピソードとっても素敵ですね!LINEでもできたんでしょうか…?

Marinaさん:プレゼントは事前に自宅に送っておいて、通話中に見せてもらいました。

それから、父と、私と息子(孫)、妹でLINEのビデオ通話をつなぎ、スケッチブックに「還」「暦」と書いて「おめでとうー!」と言うのもやりました。ささやかなものでしたが、それでも父は嬉しそうにしていました。

――すごくいいエピソード……!お父さんの嬉しそうな姿が目に浮かぶようです。

Marinaさん:息子の妊娠報告も、LINEのビデオ通話でエコー写真をサプライズで見せる!なんてことができて家族に喜んでもらえたこともありました。

――!! 素敵な瞬間にLINEを使っていただいて嬉しいです!!!

Marinaさん:オフラインで会えない時勢が続く中、日々すごいスピードで成長していってしまう息子の姿を家族共有できてありがたいです。


===

なかなか会えない離れて暮らす家族と一同に集まったり、なんでもない会話をしたり、大事な瞬間をシェアしたり。

できないことが目に付きがちなコロナ禍のコミュニケーションですが、いろんな工夫をすることで、変わらず温かいコミュニケーションをされている方々に出会い、筆者自身もとても励まされる取材でした!

まだ少し続きそうなコロナ禍ですが、今回のエピソードが少しでも参考になり、みなさんのLINEを通じたオンライン帰省も楽しいものになればと思います。

LINEみんなのものがたりでは、様々なLINEでのコミュニケーションに関するエピソードを募集しています。みなさんのエピソードも是非、みんなのものがたりTwitterなどでお知らせください。
LINEみんなのものがたりTwitter:https://twitter.com/stories_line_jp?lang=ja

TEXT:LINEみんなのものがたり編集部

5
「LINE みんなのものがたり」では、ユーザーの皆さんの LINEにまつわるエピソードを通して、"新しいコミュニケーションのかたち"やLINEの便利な使い方をお伝えしていきます。

こちらでもピックアップされています

LINEからつながる人たち ┃ 今日もLINEからつながる
LINEからつながる人たち ┃ 今日もLINEからつながる
  • 3本

今日もLINEからつながる 10月の特集は「LINEからつながる人たち」。様々なかたちで"LINE"からつながる方々に取材をしました。