パチンコとは?

September 26, 2021

パチンコは日本で生まれました。機械化されたゲームは、ピンボールのようなアーケードゲームです。スロットマシンなどのギャンブル機器として使用されます。日本ではギャンブルが違法であるため、パチンコ店は日本で非常に人気があります。これらの施設には、スロットマシンに似たパチスロまたはパチスロもあります。これらのパーラーは日本版のカジノと言えます。現代のパチンコ機は、伝統とデジタル部品が出会う場所の驚異です。

日本ではギャンブルは違法行為にさらされています。しかし、この国での低賭けのパチンコ賭けの広範囲にわたる名声は、必要な保護を提供する特定の合法的な但し書きに力を与えています。

パチンコ

法律では、パチンコボールで得た報酬はお金と交換できないとされています。プレーヤーはそれらを家に持ち帰ることはできず、パチンコ店のいずれも別のパーラーからのパチンコボールを受け入れることはできません。それらは、日本語で「徳州系人」として知られている「ユニークな賞」と思われるトークンと合法的にパーラーに交換することができます。

その後、敷地外で営業している別の売り手に合法的に「売られ」ます。これらの商人は明らかにパーラーの所有者から独立して運営されていますが、多くの場合、パーラーの所有者が所有しています。これらの機関は、トークンを取得したときと同様の費用で、わずかな手数料でトークンをパーラーに売り戻し、その後、実際に法律を乱用することなく金銭的利益をもたらします。

パチンコ

パチンコ市場は1994年に3000億ドルの価値があると推定されました。5年後、彼らによって生み出された収入は500兆円の国内総生産の5.6%に貢献したと報告されました。

報告書はまた、日本の労働力の0.53%、すなわち33万人がこれらのパーラーに雇用されていることを明らかにした。パーラーは、マカオ、シンガポール、ラスベガスに設立された大規模なカジノが生み出した収益の合計を超えたときに、すべての記録を破りました。

灰色の地域で事業を営む性質とパチンコの賭けに伴う莫大な利益は、違法な脱税やゆすりの手段としてそれを利用したヤクザの広範な関与を引き付けました。しかし、1990年代以降、日本政府の介入により侵入は抑制されてきた。

パチンコ

パチンコ機は1920年代に最初にコリントゲームまたは「コリントジェム」と呼ばれ、主に10代の若者によってプレイされました。この名前は、アメリカのゲームコリントバガテルに由来しています。このゲームは、18世紀に西ヨーロッパの人々によって発明された「日本のビリヤード」であるビリヤードジャポネに触発されたとも考えられていました。

パチンコは1930年に名古屋で有名になりました。第二次世界大戦でパーラーは閉鎖されました。このゲームは、1940年代に復活して以来、過去に最も人気のあるゲームの1つになりました。多くのパチンコ店が英国、米国、台湾にオープンしました。これらのパーラーの80%以上は、韓国の民族に属する人々によって所有されています。このゲームは日本ではめちゃくちゃ普及しており、徐々にトップカジノゲームのはしごを上回っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

著作権 © 2021 Stories Line | 全著作権所有。